厚生年金との統合(平成14年4月)後、農林年金の福祉事業は廃止されましたが、厚生年金の福祉事業も縮小の傾向にあり、福利厚生の後退を危惧する声が強まりました。このため、職域の相互連帯による 役職員の福利増進と福利厚生コストの抑制を図るため、農林漁業団体の「選択型福利厚生制度」の導入を検討してきました。

平成15年7月から、「株式会社 農林年金福利厚生 サービス」において、福利厚生費の効率化と多用なニーズに対応した「福利厚生施設利用サービス(愛称のうりんねんきんウェルボックス)」の提供を開始しています。

「のうりんねんきんウェルボックス」は、農林漁業団体及び関連会社の役職員が一般企業と遜色のない福利厚生サービスを受けること、加入団体の福利厚生の事務・費用の効率化を図ることを目的としています。
すでに、農林漁業団体及び関連会社から加入の申込 をいただいていますが、さらに多くの団体において ご検討いただき、職域全体への本格的な導入を目指 しています。是非この機会にご検討くださるようご 案内申し上げます。


◎事業主体 株式会社 農林年金福利厚生サービス
◎協力支援   農林年金制度対策本部
農林漁業団体職員共済組合
◎提携会社   株式会社 イーウェル

COPYRIGHT©2005 NORIN-WELBOX All Rights Reserve